美白にはインナーケアがマスト。とくに美白にいい成分は?

40代にはインナーケアがマスト


代謝が落ちる40代はインナーケアがマストっていわれてます。実際、私もいくつかインナーケアのサプリを試してみていました。





そんなあるとき、『あまり効いていないかな?』っておもって、そうしたインナーケアサプリを一時やめてみたら、お肌のみずみずしさがぜんぜん違っていて、すぐにその必要性を再確認しました。


ターンオーバーに限っては、30代半ばから落ちると言われてますから、美白が気になるのであれば早めのスキンケアやインナーケアが重要です。


40代の美白ケアとは?


30代前半ではスキンケアだけで十分だったかもしれませんが、40代にまでくるとインナーケアまで踏み込まないと、なかなか美白を保てないっていうのが私の実感です。





さて、美白のためにも、肌の代謝を促したいところですが、それにはビタミン系の摂取をバランス良く行うことが重要といわれます。なかでもビタミンCは抗酸化でも有名ですから、40代には必ずです♪


なお、それこそ、こういった美白にいい成分をインナーケアとして体に取り込むのも大変重要なのですが、日々の食生活にも注意が必要です。


たとえば、脂っこいものや塩辛いもの、そして甘いものはからだに毒になるようなものが多く、美白を目指すうえでもあまりいい成分が入っているとはいえません。


とくに、糖分はからだの糖化につながり、肌年齢の老化にもつながりますので、注意が必要です。どうしても甘いものがたべたくなったら、果物でも食べることがおすすめです。

でも、実際にはなかなかバランスよく取れないのがこうした食生活ですよね。だからこそサプリが重要となってきます。


『いやいや、そんなものとらなくても。。。』


そう思いたい方も大勢おられると思いますが、20代のときは確かにそうしたサプリなどなくても、そもそものカラダの代謝もよかったのでサプリなど摂らなくても十分だったのだとおもいます。


ですが、30代、そして40代となると代謝もかなりわるくなるので、昔ほど肌はターンオーバーしませんし、結果としてお肌もシミができたり、くすみがちとなったりと、とにかくいいことはありません。


インナーケアで注意したい点


こんな現状を回復するために、とくに40代におすすめするのがインナーケアです。実際、40代ともなると、サプリを取る方も結構、最近ではおおいとおもいますが、注意したい点があります。


それは、個人差もあるので、こうしたサプリは、何か偏った成分を取るよりも、平均的に摂取した方がいいということです。





たとえば、L−システインという美白にいいとされる成分は、ビタミン系の成分と一緒に摂取することで、シミの原因となるメラニンの生成を抑制するといわれます





このように、インナーケアで摂取すべき成分はいくつかあり、そのなかでもL−システインのように、ビタミン類といっしょにとることで美白のためにも役立つ成分もあるので、なにか1種類の成分を大切に飲むというよりは、いくつかの成分が配合されたものを摂取するといったサプリの取り方が一番おすすめです。


↓↓とにかく、美白によいとされるサプリをためしてみる?↓↓




 

サイトマップ